AFFINGER5

【AFFINGER5】親テーマと子テーマの違い・子テーマの設定方法について解説します

親テーマと子テーマの違いについての説明

スポンサーリンク

AFFINGER5をダウンロードした際に通常の「AFFINGER5」と「AFFINGER5 Child」の2つのテーマがあったのを覚えているでしょうか。

これがいわゆる親テーマと子テーマと呼ばれるものですが、AFFINGER5に限らずワードプレスのテーマには「子テーマ」が存在します。今回は突然親子が出てきてよくわからない方のためにこの2つのテーマの違いと、子テーマをWordPressに設定する方法を解説したいと思います。

親テーマとは

まず親テーマですが、WordPressの見た目部分を整えるテンプレートのことで、一般的によくいわれる『テーマ』とは『親テーマ』のことを指しています。

この親テーマは頻繁にアップデートが行われています。
サイト運営をしていくとデザインを追加するためにCSSを追加したり、PHPをカスタマイズすることがあると思いますが、親テーマを直接カスタマイズしてしまった場合、テーマがアップデートされた際にカスタマイズしたCSSやPHPが上書きされてしまいます。

親テーマだけでもサイト運営に支障はないためCSSやPHPなどのカスタマイズをする予定がなければ親テーマの使用でも問題ありませんが、公式では子テーマの使用が推奨されています。

子テーマとは

子テーマはカスタマイズ用のテーマで、親テーマのスタイルと機能のデータを引き継いだ上で編集をしていくためのテーマとなっています。
簡単に説明すると、子テーマで行ったカスタマイズは親テーマがアップデートされても影響を及ぼすことはありません。

子テーマをWordPressに設定してみよう

AFFINGER5の子テーマ「AFFINGER5 Child」をWordPressに設定する方法ですが、まず親テーマをインストールしてあることが前提となります。下の記事でAFFINGER5をインストールする方法を解説していますのでまだインストールしていない方は先にこちらをご覧ください。

1.テーマのアップロード

まずはテーマのアップロードを行います。親テーマのインストール方法と同じく、WordPressのメニューにある外観からテーマを選択し、テーマの新規追加をクリックします。
次にテーマのアップロードをクリックし、ファイルを選択します。

2.ダウンロード済みのaffinger5-childをインストール

ダウンロード済みのAFFINGER5のフォルダ内にあるWordPressのフォルダを開くと「affinger5.zip」と「affinger5-child.zip」の2つのzipファイルがあるので「affinger5-child.zip」をクリックします。

これでインストールが完了です。

3.子テーマを有効化

インストールを終えるとテーマの一覧に「WING-AFFINGER5 CHILD」のテーマが表示されているので有効化をクリックすると子テーマへの変更が完了です。

まとめ

今回は親テーマと子テーマの違いと子テーマの設定方法について解説しました。私自身途中で子テーマの存在に気付き、すぐに変更しましたが、それまでに書き上げた記事に影響がなかったのでホッとした覚えがあります。
まだ親テーマを使用している方は今後のことも考えて子テーマを使用することをオススメします。

スポンサーリンク

-AFFINGER5
-

© 2022 ふっくんブログ