AFFINGER5

WordPressにインストールしておきたいオススメのプラグイン【AFFINGER5版】

AFFINGER5にオススメのプラグイン

スポンサーリンク

WordPressでサイト運営を行っていく上で欠かせないものの一つにプラグインというものがあります。

WordPressをはじめたばかりでプラグインという単語は耳にするけどプラグインがどういったもので、何をインストールしたら良いのか分からない方も多いと思います。

プラグインは無名のものも含めると何千種類も存在しますが、サイトを運営していく上で本当に重要なプラグインはそれほど多くはありません。

そこで今回はAFFINGER5のテーマを使っている私がWordPressでサイト運営を行っていく際に、実際使ってみてオススメのプラグインを7個紹介します。

これを読み終わる頃にはプラグインマスターになっていることでしょう。

プラグインとは

オススメのプラグインを紹介する前にまずはプラグインについての基礎知識を身につけましょう。

プラグインとはWordPressの機能を拡張するためのツールです。
このプラグインを使用することでwebサイトに様々なカスタマイズを行うことができるようになります。

例えば、サイトオーナーにコンタクトが取れる「お問い合わせフォーム」を設置したり、セキュリティ対策ができたり、SEO関連の各種設定ができたりします。

プラグインを何も使用しないままだとWordPressが持つポテンシャルを完全に引き出すことができないので積極的に使用しましょう。

プラグインのデメリット

プラグインの説明を聞くとプラグインをインストールすることにはメリットしかないように思えます。
初心者の方が陥りやすいのがとにかくたくさんプラグインをインストールしたら良いと思ってしまい、必要性の低いプラグインまでインストールしてしまうことです。

プラグインにはもちろんメリットが多いのですが、不要なプラグインを多く入れることによってデメリットも発生します。

以下でプラグインをインストールするデメリットを挙げていきます。

ポイント

  • サイトパフォーマンスの低下
  • セキュリティに弱い
  • サポートがない

サイトパフォーマンスの低下

プラグインを多く入れることによってサイト自体が重くなってしまいパフォーマンスが大きく低下します。ユーザビリティが低いと、訪れたユーザーが使いづらいだけでなく、Googleなどの検索エンジンから高く評価されない原因となる可能性があるので注意しましょう。

目安としては10〜15個くらいのプラグインが望ましいです。

セキュリティに弱い

利用者の多い有名なプラグインであれば心配はあまりありませんが、一部のプラグインではインストールや有効化をした時点でサイトに重大なバグを引き起こしたり、ログイン情報などを抜かれたりするといった事案も過去に起こっています。
インストールする前には評価やレビュー、インストール数なども確認するように心がけましょう。

サポートがない

プラグインの多くが無料で利用できるので公式のサポートデスクのようなものがありません。有名なプラグインであれば利用者も多く、検索することで利用方法やトラブルの解決方法を調べることができますが、利用者の少ないプラグインでは自分で解決しなけらばならないこともありますので気をつけましょう。

プラグインのインストール方法

プラグインをインストールする方法ですが、とても簡単です。今回はお問い合わせフォームが簡単に設置ができる「Contact Form 7」というプラグインを実際にインストールしてみたので画像を使ってその方法を解説していきます。

まずはWordPressのメニュー上にあるプラグインから新規追加をクリックします。

画面右上に検索窓があるのでここにインストールしたいプラグインのキーワードを入力します。
キーワードによって絞り込まれたプラグインがいくつか表示されるのでインストールしたいプラグインを見つけ、今すぐインストールをクリックします。

インストールを終えたら有効化ボタンをクリックすることでプラグインが利用できるようになります。

AFFINGER5にオススメのプラグイン7選

プラグインはAFFINGER5だけに限らず他のテーマでも入れておくべきですが、使用しているテーマによっては既に対策済みのため必要のないものもあります。

ここではAFFINGER5に導入しておきたいオススメのプラグインを7個紹介したいと思います。

Contact Form 7

Contact Form 7はサイトのお問い合わせフォームを設置する際にオススメのプラグインです。同様のプラグインは他にもありますが、Contact Form 7の作成者が日本人ということもありとても利用しやすく、非常に評価の高いプラグインです。

お問い合わせフォームを設置することでユーザーから情報を得られたり、企業からのコンタクトで仕事に繋がる可能性もあるのでぜひ設置しておきましょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは新しく記事を投稿すると、自動的にサイトマップを更新してくれる便利なプラグインです。
ブログを作ると定期的にGoogleクローラーというものが記事をインデックスするためにサイトを巡回しに来るのですが、サイトマップがあればこのGoogleクローラーに自分のサイトの構造をわかりやすく理解してもらうことができるので必須プラグインといっても過言ではありません。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像ファイルを自動で圧縮してくれるプラグインです。

Webサイトやブログにおいて、最も大きな容量を占めるのは画像である場合がほとんどですが、このEWWW Image Optimizerは画像をアップロードした際に自動的に圧縮される他、アップロード済の過去の画像にも圧縮をかけることができるとても優れたプラグインです。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerはサイト内でリンク切れがあったときに知らせてくれるプラグインです。

リンクエラーを起こしたまま放置してしまうとその記事の信頼度が著しく低下してしまいますが、このBroken Link Checkerを使うことで定期的に手動でリンクを確認する手間が省けるのでとても便利です。

PS Auto Sitemap

Google XML SitemapsはGoogleの検索エンジンに対してのサイトマップでしたが、このPA Auto Sitemapはユーザー向けのHTMLサイトマップを生成することができます。

サイト内にユーザー向けのサイトマップを設置することでユーザビリティが向上し、離脱率の改善が期待できるのでぜひ設置しておきましょう。

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは初心者でも驚くほど簡単にバックアップとサイトの復元が行えるプラグインです。他にもサイトの引っ越しをする際にも使用できる優れものです。

テーマのバージョンアップや、WordPressのバージョンアップの際には予期せぬエラーに備えて事前にバックアップを取る必要がありますが、このAll-in-One WP Migrationを使えばそのバックアップがボタン一つで簡単に行えます。

W3 Total Cache

W3 Total Cacheはサイトの表示速度を大きく改善することができるプラグインです、このW3 Total Cacheを使うことでサイトの表示速度の高速化のためのキャッシュやサーバーの設定を簡単にに行えるようになります。
キャッシュとは、一度表示したWebページのデータを保存しておくことで、再度アクセスした際に以前よりも速く表示してくれる仕組みのことをいいます。

他のキャッシュ系プラグインに比べると高機能なプラグインですが、管理画面が英語であることも含め、設定が少し複雑になっています。

まとめ

今回の記事ではAFFINGER5に導入しておきたいオススメのプラグインについて解説しました。

プラグインについて書かれている他の記事ではAll in One SEO Packを必須プラグインとしているのをよく目にすると思いますが、AFFINGER5は十分SEO対策が行われているテーマなのでAll in One SEO Packをインストールすることによってお互いが干渉しあって不具合が発生するという報告があります。ですのでAFFINGER5を使用している場合にはAll in One SEO Packはインストールしないようにしましょう。

自分のサイトに適したプラグインを使って、アクセス数を伸ばすためにも、訪れるユーザーにとって使いやすいサイトを提供するためにも、ユーザビリティを考慮したサイト運営を心がけましょう。

まだAFFINGER5を使っていない方やAFFINGER5に興味が出た方は下の記事で購入までの流れも解説しているのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

-AFFINGER5
-

© 2022 ふっくんブログ