WordPress

Contact Form 7を使ってコンタクトフォームの設置方法を解説!

スポンサーリンク

コンタクトフォームはサイトを運営していく上で設置しておきたい数ある機能の中の一つです。
この機能があることで仕事の依頼がきたり、ユーザーの意見をことができます。

この記事では無料で使えるあるプラグインを使って簡単に自分のサイト上にコンタクトフォームを作成する方法を解説します。
コンタクトフォームは、アドセンスの申請やSEOにも影響があると言われているほど大事なものなのでまだ設置していない方はこの機会にぜひ設置してみましょう。

Contact Form 7(コンタクトフォーム7)とは

「Contact Form 7」はWordPressで作成したwebサイトにコンタクトフォームを設置するための無料のプラグイン(拡張機能)です。

サイト運営を始めたばかりであまり知識がなくても、誰でも簡単にコンタクトフォームが設置できるそのお手軽さから世界中で利用されている有名なプラグインとなっています。

「Contact Form 7」を使ってコンタクトフォームを設置しよう

それでは実際にContact Form 7を使って自分のサイトにコンタクトフォームを設置する方法を解説したいと思います。

1.Contact Form 7をインストール

まずはContact Form 7のプラグインをインストールする必要があります。
プラグインをインストールする方法ですが、WordPressのメニューにあるプラグインから新規追加を選択します。

「プラグインを追加」のページに移動したところで右上にある検索窓に「コンタクトフォーム」と入力すると、山が描かれたアイコン「Contact Form 7」のプラグインが表示されます。
発見したら今すぐインストールをクリックします。

インストールは数秒で終わるので完了したら忘れずに有効化をクリックしましょう。

2.Contact Form 7の設定

先ほどのインストール画面で有効化をクリックするとインストール済のプラグインが表示されます。Contact Form 7が無事インストールされていることを確認し、設定をクリックします。

すでに「コンタクトフォーム1」というタイトルが用意されていますが、今回は内容の確認の為にも新しく作成してみましょう。新規追加をクリックし、新しくタイトルを作成します。

フォーム

コンタクトフォームを追加に移動したらまずはタイトルを決定します。ここは分かりやすいタイトルであればなんでもOKです。

「フォーム」ではコンタクトフォームの内容を設定します。
基本的にはデフォルトのままでOKですが、他にも取得したい情報があれば、カスタマイズすることで追加ができます。

メール

次に「メール」ですが、ここもほぼデフォルトのままでOKです。送信先はお問い合わせがあったことを知らせる先のアドレスになるのですが、デフォルトではWordPress開設時に使用した管理者メールアドレスとなっているのでもし送信先のアドレスを変更したい場合はここで修正することができます。

メッセージ

「メッセージ」ではお問い合わせフォーム上で表示されるメッセージを変更することができますが基本的にはここもデフォルトのままでOKです。

その他の設定

「そのほかの設定」ではお問い合わせの完了をお知らせするページを表示させることが可能です。不要であればここは設定しなくても問題ありません。

最後にどこか変更点があれば忘れず保存をしましょう。

3.ショートコードをコピー

先ほど新規追加したタイトルのショートコードをコピーします。

4.固定ページを作成

次にメニューに表示させる固定ページを作成します。WordPressのメニューから固定ページを選択し、新規追加をクリックします。

ショートコードを使用する場合

ブロックを追加でウィジェットからショートコードをクリックします。

ショートコードの埋め込み欄に先ほどコピーしたショートコードを貼り付けます。貼り付けたらタイトルを付け公開します。

ショートコードを使用しない場合

ウィジェットにContact Form 7が表示されていればショートコードを使用せずに作成することも可能です。

「コンタクトフォームを選択」で先ほど作成したタイトルを選択します。選択したらお好みでタイトルを付け公開します。

ショートコードを使っても使わなくても手順はさほど変わらないのでどちらでもOKです。

固定ページに作成したコンタクトフォームが追加されたら完了です。

5.メニューに追加

固定ページを作成したら次にメニューに表示させる方法を解説します。
まずWordPressの外観からメニューをクリックします。

編集するメニューを選択し、固定ページのコンタクトフォームにチェックを入れ、メニューに追加をクリックします。

メニュー構造にコンタクトフォームが追加されたらメニューを保存します。

ここではサイトに表示させるナビゲーションラベルを変更することも可能です。

6.設置完了

サイトのトップページに移動し、指定の位置に表示されたら設置完了です。

メニューをクリックし、コンタクトフォームが上のように表示されたら全ての設定が完了です。

コンタクトフォームが問題なく機能するかテストメールを送って確認してみましょう。

まとめ

Contact Form 7はカスタマイズすることで様々な機能を利用することができます。
お問い合わせフォームからのスパムメールを防ぐことができる「Google reCAPTCHA」を設定したり、送ったメールの控えを取る際に便利な自動返信メールの設定も可能です。

コンタクトフォームなどのコミュニケーション手段を用意するのはサイト運営者のためではなくユーザーのためですので必要な機能があればどんどんカスタマイズしてユーザー目線に立ったサイト運営を心がけましょう。

スポンサーリンク

-WordPress
-

© 2022 ふっくんブログ