WordPress

ConoHa WINGサーバーを使ってWordPressを始めよう

スポンサーリンク

サーバーを契約することはwebサイトを公開するにあたってドメイン同様必須となります。以前の私もWordPressを使ったwebサイトの作成に興味がありましたがこの2つの契約の必要性を知り二の足を踏んでいました。ただ、調べていく内に初心者の私でも出来そうでしたので挑戦してみたところ簡単にWordPressを始めることが出来ました。

始めはどこのレンタルサーバーを契約したらいいのか正直分かりませんでしたが、色々調べると1つのサーバーにたどり着きました。それが『ConoHa WING』です。ConoHa WINGはドメイン取得のシェアNo,1のお名前.comと同じGMOの運営するレンタルサーバーなので互換性・性能・安心感が抜群だからです。

今回は実際ConoHa WINGを契約してみたので解説を混えて手順を紹介したいと思います。

レンタルサーバーって何?

サーバーはドメイン同様webサイトを公開する為に必要なもので、レンタルサーバーはサーバーを貸し出してくれるサービスのことです。
自分でサーバーを構築したり運営したりするためには、そのためのコンピューターを購入し、設置する場所も用意しなければなりませんが、レンタルサーバーだとサーバー構築のためのコンピュータや設置場所の確保、常時起動しての管理を、業者側が行ってくれる為、個人でサイトを運営する場合はレンタルサーバーを契約するのが一般的です。

まずレンタルサーバーを契約するにあたって知っておきたいのがレンタルサーバーの種類です。レンタルサーバーにもいくつか種類があり何でもいいとは一概には言えません。自分が運営するサイトの用途で使い分けをするのが望ましいです。

共用サーバー

共用サーバーは1台のサーバーを複数の利用者が共有して使用するサーバーです。サーバーの料金は共有する利用者が全員で負担するため比較的安価となっていて、個人向けのWEBサイトなどを手軽に始めるには最適なサービスです。
デメリットとしては同じサーバーのユーザーが引き起こす問題や障害の影響を受けやすいという点です。

専用サーバー

専用サーバーは1台のサーバーを丸ごと専有できるサービスです。好きなように設定ができるため自由度が高いことに加え、1台のサーバーを複数人で共有する共用サーバーと比ベスペック(性能)が高いことが特徴ですが、価格は共用サーバーに比べて高価になります。
他のユーザーの障害などの影響を受けることがなく、他のユーザーに影響を与える心配もないので、高負荷な運用も気兼ねなく行うことができる為、大規模なサイトや、SNSサイト、独自アプリの開発に使用されます。

VPSサーバー(仮想専用サーバー)

1台のサーバーに仮想専用環境を複数作成し、1つの仮想専用環境を1ユーザーで占有して利用します。
仮想専用環境としてユーザー領域を個別に割り振るので、専用サーバーと同等の機能・能力を発揮します。専用サーバーに比べて安価で、他ユーザーの影響を受けにくい設計になっています。
共用サーバーの低価格と、専用サーバーの安定性の両方を兼ね備えています。

レンタルサーバー『ConoHa WING(コノハウィング)』とは

ConoHa WINGはお名前.comでもおなじみのGMOが運営するレンタルサーバーサービスで、国内最速を謳うレンタルサーバーです。

  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー No,1
  • WordPress利用者満足度 No,1
  • サポートデスク対応満足度 No,1

顧客満足度がとても高く2018年のサービス開始から多くの利用者の支持を得るサービスとなっています。

ConoHa WING公式サイトはこちら

Conoha WINGのレンタルサーバーを契約

1.まずは公式サイトにアクセス

まずはConoHa WINGの公式サイトにアクセスします。検索しても簡単に出てきますし、下にリンクを貼っておきましたのでこちらからアクセスすることも可能です。

ConoHa WING公式サイトはこちら

ConoHa WINGでは定期的に新規の申込者向けにお得なキャンペーンを行っているので公式サイトをチェックして見逃さないようにしましょう。

2.アカウントを作成しよう

公式サイトにアクセスし、いますぐ申込みを押すとアカウントの作成画面に移ります。ここでメールアドレスとパウワードを入力して次へ進みます。

3.料金タイプ・契約期間・プランを決めよう

アカウントを作成したら次は『料金タイプ・契約期間・プラン』を決めます。

・料金タイプ

※上段/WINGパック 下段/通常料金  2020年11月12日時点

料金タイプは「WINGパック」と「通常料金」から選択できます。
「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランなので長期契約になるほど割引率が上がっていきます。「通常料金」は1時間2円〜という時間単位の料金体系で、ベーシックプランならどれだけ使っても月額最大1200円となっています。料金体系以外の内容は「WINGパック」と同じですのである程度長期で契約をするなら「WINGパック」の方がお得になっています。

・契約期間

契約期間は「WINGパック」だと「3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月」から選択可能ですが、契約期間の途中で解約はできない為自分のサイトの運用方法からよく考えて決めた方が良いです。私はお名前.comのドメインと同じ12ヶ月で契約をしました。

・プラン

プランは「WINGパック」と「通常料金」どちらも「ベーシック・スタンダード・プレミアム」の3つから選択可能となっています。それぞれの違いはSSDの容量の差と転送量の差なのですが、個人ブログのサイトであればベーシックプランでも充分です。後からプラン変更も可能なので最初はベーシックプランを選んでみましょう。

4.初期ドメイン・サーバー名・WordPressセットアップ

料金体系・契約期間・プランを設定したら初期ドメイン、サーバー名を設定します。独自ドメインを使うのであればこのドメインは使用しませんので何でもOKです。サーバー名も分かりやすい名前を付ければOKです。
WordPressのセットアップですが、ここで簡単に設定することが可能です。後でConoHaサーバーのコントロールパネルからインストールすることもできるのでどちらを選んでもOKです。
設定を終えたら支払い金額を確認し次へ進みます。

5.お客様情報を入力・SMS/電話認証

お客様情報を入力したらSMS/電話認証で本人確認を行います。電話番号を入力し、送られてきたメッセージの認証コードを入力し送信したら次へ進みます。

6.支払い方法の入力

支払い方法はクレジットカードやConoHaチャージから選べますが、更新忘れがないよう自動引き落としをしてくれるクレジットカードでの決済がオススメです。
支払いが完了したらConoHa WINGのサーバーの申込みが完了です。

無事手続きが完了したか確認するにはコントロールパネルを開きステータスが起動中になっていればOKです。

まとめ

今回はレンタルサーバー『ConoHa WING』を契約する方法を紹介させていただきました。ドメインの契約同様10分程でできる簡単な手続きですのでぜひ挑戦してみてください。
また、下の記事では実際ConoHa WINGを使用してWordPressのインストール方法を解説していますのでぜひこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

-WordPress
-

© 2022 ふっくんブログ