WordPress

プライバシーポリシーを設置しよう【アドセンス対策】

スポンサーリンク

WordPressでwebサイトを立ち上げたら、早い段階でプライバシーポリシーを設置することをオススメします。
2018年からEUでGDPR(一般データ保護規則)という新しい取り組みが始まったため、プライバシーポリシーの作成は”義務化”されるようになりました。
また、Google AdSense(グーグルアドセンス)の申請の際にはプライバシーポリシーが必須ですので設置しておきましょう。

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、webサイトからユーザー情報を収集する際に、ユーザーに対して「情報をどのように取得し、どんな目的で利用するのか」「個人に関する情報の管理方法」「利用方針についての問い合わせ先」などを記載したもので、「個人情報保護方針」とも呼ばれています。

プライバシーポリシーの設置が義務付けられたサイトはどんなサイト?

個人情報保護法において、プライバシーポリシーの文書の作成と公表は義務付けられています。

しかしすべての企業やwebサイトにプライバシーポリシーの設置義務があるわけではなく、webサイトでユーザーの情報を収集するかどうかで義務が発生するようになります。どのようなサイトに設置義務があるか例を挙げると、

  • Google Analyticsなどのアクセス解析ツールでユーザーの行動を取得する
  • お問い合わせフォームがあり名前やメールアドレスなどを入力するようになっている
  • webサイトからの申し込み等でユーザーの個人情報を収集する

上記内容に該当するWebサイトはプライバシーポリシーの設置が義務付けられていますのでほとんどのwebサイトが該当するのではないでしょうか。

自サイトに訪れるユーザーに安心感を与えるためにもプライバシーポリシーは設置しましょう。

プライバシーポリシーに記載する項目は?

プライバシーポリシーに記載する項目ですが、サイトの運営方針でも変わってきますがアフィリエイトやGoogle AdSenseなどの広告を扱う個人ブログ向けの記載項目を挙げておきます。

記載項目

  • 個人情報の利用目的
  • 個人情報の第三者への開示
  • 広告の配信について
  • アクセス解析ツールについて
  • コメントについて
  • 免責事項
  • プライバシーポリシーの改定方法

上記の項目をプライバシーポリシーには記載するようにしましょう。

各項目に記載する内容

プライバシーポリシーに記載する項目が分かったところで次は各項目に記載する内容ですが、私が使用している内容を掲載するので参考にしてください。

■個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

■個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合
・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

■広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス、A8.net」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

■アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

■当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの
・極度にわいせつな内容を含むもの
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの

■免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

■プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

プライバシーポリシーの設置方法を解説します

webサイト上にプライバシーポリシーを設置するには自分でページを作成し、内容を完成させる必要があります。難しそうに捉えられがちですが「プライバシーポリシーの内容」さえ完成してしまえば設置自体はとても簡単に行うことができるので、写真を使って設置までの方法を解説していきます。

1.固定ページを作成

まずはメニューで使用するプライバシーポリシーの固定ページを作成します。

WordPressのメニュー上にある設定からプライバシーをクリックします。
プライバシー設定に画面が移動したら下にある「新規ページを作成」をクリックします。

「新規ページを作成」を開くと上の画面が表示されるのでこのページ内を編集し、プライバシーポリシーを完成させていきます。

メニューの固定ページを開くと先ほど作成した「プライバシーポリシー」が追加されているはずなので記載する内容はいつでも編集が可能です。

2.ヘッダーメニューにプライバシーポリシーを設置

作成したプライバシーポリシーですが、ただページを作成しただけでは意味がありませんので「サイト上のメニュー」に設置する必要があります。
ここではヘッダーメニューに表示させる方法を説明します。(フッターに設置する際は新しくフッター用のメニューを作成することで設置可能です。)

まずはWordPressのメニュー上にある外観からメニューを選択します。
編集画面に移動したら、「メニュー項目を追加」からヘッダーメニューに表示させたい固定ページを選択できるので、作成したプライバシーポリシーにチェックを入れ、メニューに追加をクリックします。

メニューに追加すると「メニュー構造」にプライバシーポリシーの固定ページが追加されます。クリックするとナビゲーションラベルを変更することができます。(ナビゲーションラベルはヘッダーメニューに表示される名前です)
編集を終えたら右上にあるメニューを保存をクリックします。

3.設置完了

サイトのトップページへ移動し、メニューが追加されているか確認しましょう。1枚目のようにメニュー上に表示されていれば設置完了です。

最後に設置されたメニューをクリックし、自分が作成したプライバシーポリシーのページが表示されたら完成です。

まとめ

個人情報に関する事件も増え、個人情報の取扱いを誤ることで法的な責任が生じてきます。自分の身を守るためにも、プライバシーポリシーを設置することによって説明責任を果たすようにしましょう。

また、冒頭でも述べましたが、Google AdSenseを申請するにはプライバシーポリシーの設置が必須ですが、他にも申請するにあたってコンタクトフォームの設置も必須と言われています。

下の記事では簡単にできる「コンタクトフォーム」の設置方法を解説していますのでぜひこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク

-WordPress
-

© 2022 ふっくんブログ